前へ
次へ

教育担当者がふさわしい人物かどうかが重要

新人を育てるために教育担当者となる方は、教育するのにふさわしい人物かどうかという点が重要です。
性格的に人の世話や教えることが得意という方はむいていますが、きちんと説明などができない、見て覚えろというようなやり方では、自ら積極的に仕事を覚えようとする方は育っていく可能性もありますが、新人として入社した方すべてがそのやり方で育つわけではありません。
人によってはきちんと説明を受けることでしっかりと理解してから先に進むというような形でないと業務を覚えない方もいるでしょう。
そのため、教育担当者に関しても誰でもなれるというものではありません。
面倒見がいい人、柔軟な思考でさまざまなタイプの人に対して適切な教育ができる方でないとなかなか新人も育つものも育ちません。
この点をふまえた上で、教育担当者はどのような人がふさわしいか選択していくといいでしょう。
新人が一人前になり企業側にとって戦力となるようにしっかりと教育をほどこしていくことが大切です。

Page Top