前へ
次へ

新人教育は教育する側の忍耐力が重要

社員の教育、バイトなどでも新人が入ってきた場合には、しっかりと業務、作業や職場でのルールなどいろいろと教え込む必要があります。
ただし、時には要領よく覚えることができない新人などもいます。
そのため、一通りの業務や作業を教えても忘れてしまいミスをしたり、何度も聞いてくることもあるでしょう。
この場合に、あまり感情的にならず何回か教えるということも必要です。
感情的に強い口調でしかる、指導するというのは新人を委縮させてしまう可能性などもあるため、なかなか成長が望めません。
そのため、新人教育をする場合にはある程度の忍耐力が重要といえるでしょう。
なぜ覚えないのか、忘れるのかという点に意識を向けるよりも、どのように指導したらスムーズに理解してもらえるのかなど自分に対しての指導力、教育の仕方などに問題はないのかという点をよく考えて、覚えが悪い、要領が悪い新人に対してどのような接し方や教育が適しているか考えて、その人にあった方法で教育していくということも大切です。

Page Top