前へ
次へ

マニュアル化されていない教育が必須

最近では、メモ書き以外で手書きすることがめっきり少なくなり、仕事に限らず、私用でも文書作成はパソコンです。
字が下手な者にとっては実にありがたいのですが、代わりに手書きでは考えられない変換ミスも生じてしまいます。
字も上手くなりたいから、実用ボールペン字、書道を習うのもいいのでしょう。
どんな教育を受けるにしても、人は機械ではありませんから、画一的に教えられても同じようにできるわけではありません。
塾や専門学校、教育訓練校などでも、型にガッチリはめず、個性を磨く場所になっています。
機械製品や道具の使用方法を説明するのは、取扱説明書でしょうが、作業などを人に対して教えるために標準化・体系化して作られた文書がマニュアルであり、今の社会で必須のものになっています。
手引書に従うばかりで、自分の考えがないために、想定外の事象に対応できないのなら、機械的人間よりも、やはり個性をのばす教育が必要ではないでしょうか。

Page Top